野沢温泉 常盤屋

2017/5/13~14
(北陸新幹線)~ 飯山 ~(バス:野沢温泉ライナー)~ 野沢温泉
画像


足にできたたこを温泉で治したいというまぐろ。
というわけで、アルカリ性硫黄泉の野沢温泉に行きました。

北陸新幹線 飯山駅に着いたら、バスの発車時間まで駅前のスーパーつるやで買出し♪
新しくて広々としたスーパーでした。
画像

飯山駅からバスで30分程度、終点の停留所から温泉街を歩いて常盤屋温泉に到着。

和室ベッドの部屋
画像

早速お風呂へ~
お風呂は2ヶ所で、1Fの千人風呂と地下1Fの薬師の湯は時間で男女交代制。
画像

薬師の湯
画像

湯口からの距離により、あつい、ぬるい、ほどよい湯
画像

少し硫黄臭のするお湯は、加水・加温・消毒剤すべてなしの源泉掛け流し。期待通りの良いお湯です。

奥にも湯槽がありましたが、これは小さくてつかるための浴槽ではないようです。
画像

お風呂の後は、温泉街の土産物屋さんで買った野沢菜を肴に0次会~
画像

夕食は食事処でいただきました。

飯山市 田中酒造店の水尾
画像

野菜が豊富。これは春野菜のゼリー寄せ。
画像

写真を撮り忘れましたが、豚肉の温泉しゃぶしゃぶもありました。
画像

画像

画像

画像

デザートは黒糖くずもちとバニラアイス。
画像

翌朝のお風呂は男女交代となり千人風呂。かなり広く、大きな湯船が2つに小さめの湯船が1つ。
レトロな雰囲気です。
画像

湯船によって微妙にお湯の色が違っていて、ひとつはやや白濁で高温、もうひとつは透明のぬる湯、そして小さめの湯船は緑がかった透明で高温、黒い湯の花がありました。
画像

画像

画像

朝食も昨晩と同じ食事処で。
画像

画像

画像

まぐろの足のたこはすぐには取れなかったようですが、アルカリ性のお湯で少し柔らかくなったのではないでしょうか。

<常盤屋旅館>
画像

泉質: 単純硫黄泉 pH8.5 弱アルカリ性低張性高温泉 
泉温: 68.5℃
源泉掛け流し
加水・加温なし
循環装置なし
消毒剤なし

薬師の湯
カラン: 4
シャンプー: POLA

千人風呂
カラン: 5
シャンプー: POLA


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック